2015年5月4日月曜日

D&D5版 Sage Advise 20150430

2015 年 4 月 30 日にウィザーズ社のサイトで 5 版で最初の Sage Advise「THE ABILITY CHECK」が公開されました。内容を抄訳してみます。題名が the ability check なので半分以上は能力値判定に関連する質問ですが、それ以外のものもあります。

質問 1: 命中判定 [attack roll] とセービングスロー [saving throw] は、つまる所特殊な能力値判定 [ability check] なのでしょうか?

回答 1: 違います。この 3 種類の判定はそれぞれ 20 面体に能力値を加算して DC と比較する判定ですし、3 つ共 Advantage/Disadvantage にが乗る場合もありますから同じ事の別の面に見えますが、それは良くある勘違いです。要するにこの 3 種の判定は同じ要領で事の成否を決めているというだけです。

質問 2: Hex の呪文を相手に掛けて影響する能力値に筋力 [Strength] を選択した場合、その相手は筋力を使った命中判定とセービングスローに Disadvantage を被るのですか? (訳注: Hex は効果が 2 つある。1、術者が Hex の影響下にある相手を攻撃する時にダメージボーナスを得る。2、Hex 影響下にある相手は術者が Hex 行使時に選択した 1 つの能力値判定について Disadvantage を被る)

回答 2: Hex 影響下でも命中判定とセービングスローには Disadvantage を被りません。Hex の呪文の説明にある通り、この呪文は選択した能力値判定に影響します。この説明文では命中判定やセービングスローには触れていません。ですから例えば、術者が耐久力 [Constitution] を選択したとしても、Hex の呪文は対象の呪文の集中 [concentration] の判定には Disadvantage は被りません。何故なら呪文の集中判定は耐久力の能力値判定では無く、耐久力のセービングスローだからです。

質問 3: バードの Jack of All Trades の特徴は、バードが proficient していないセービングスローや武器での攻撃に適用可能ですか。

回答 3: 適用出来ません。この特徴の利益は能力値判定にのみ適用出来ます。ただイニチアチブ判定が敏捷力 [Dexerity] 判定である事を忘れないで下さい。バードのイチニアチブ判定には、そのバードが何らかの理由で proficiency ボーナスをイニチアチブに加算可能な状態で無いのならば、Jack of All Trades によるボーナスが適用出来ます。

質問 4: Grapple や Shove の様な筋力 (運動 [Athletics]) 判定は、命中判定の一種ですか?

回答 4: 違います。Grapple や Shove はあくまで能力値判定です。従って命中判定に影響する各種効果はこれらには影響しません。

質問 5: 自分のターンに最高で何回呪文を使えますか?

回答 5: ルールで明確に、ターン中に行使可能な呪文回数の上限というのはありません。しかし実質的な上限はあります。Action で 1 回、Bonus Action で 1 回、Action Surge があればもう 1 回です。通常 Bonus Action で Healing Word の様な呪文を唱えた場合、残りの Action では Cantrip しか使えないという制限がありますが、Action Surge による追加 Action で使う呪文はこの制限を受けません。

質問 6: 呪文の集中を維持するには視線 [line of sight] が通っている必要がありますか。

回答 6: その呪文の説明に集中を維持するのに視線が通っている必要があると書いてなければ不要です。

質問 7: マルチクラスをしたキャラクタがレベルで効果が上がる Cantrip を使う時にはキャラクタレベルと呪文を行使するクラスレベルのどちらを使って計算するのでしょうか。

回答 7: キャラクタレベルを使って下さい。例えば Barbarian2/Cleric3 が Sacred Flame を使うならば 5 レベルとして計算出来ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿